できごとけいけん

Event

Exhibition of Mingei Okumura
“Unknown”

Jul 12, 2019

名も無く、安穏として、ただ、美しい
民藝奥村"Unknown"展

●会期:8月5日㊊ー25㊐ 正午から夕方6時
●休廊:水曜日
●奥村さん在廊日:8月17日㊏、18日㊐
●ところ:in the past 大牟田市本町1の2の19 中原ビル1階
※期間中、喫茶「時々可否」オープン。
※在廊に合わせて、中国茶に合うお菓子をマルカデッドの渡辺薫子さんに作っていただきます。お茶とお菓子を召し上がりながら、奥村さんとのお話を愉しんでいただけたらと思います。
※駐車場は御座いません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

世界各国の美しい手仕事や民藝、暮らしの道具をはじめ様々なものを紹介するウェブショップ「みんげい おくむら」の企画展、『民藝奥村〝Unknown〟展』を開催します。表題の「Unkown」は不明、不詳、名も無い…という意。また、「Unkown」には、日本語の「安穏(あんのん)」という〝音〟が隠れていると考えました。安穏とは〝…心静かに落ち着いていること。また、そのさま。平穏無事…〟これも今回の企画展のテーマであり、今の時代、重要なキーワードだと思います。作者や年代が不詳なもの。用途が不明なもの。だけど、ただただ美しい…。そういう『もの』を観ることで、『もの』の価値や、『もの』の本質の在り処を探して頂きたい。

    買い付けの基準ですが、まずは、用を満たすこと。これが大前提。
    しかし、たまに用を満たさなくても、ものとして美しくて、たくましくて、
    ただ、家に置いてあるだけでいいな、と思うものもあるんです。
    そういうものはつい、仕入れます。
    かえってそういうのがよく売れたりします。
    案外、お客さんもそんな違和感が好きなのかな。
    たぶん、用に縛られると少し窮屈なのかも。
    ヌケ、みたいなところがあってもいいですもんね、暮らしは。

沖縄にいる奥村さんと、メッセンジャーで遣り取りをしていた時、モニターの向こうの彼が、呟くようにキーボードで打ちだしたテキスト。今回の企画をうまく表現した、実に、奥村さんらしい言葉です。もちろん、〝Unknown〟なものばかりだけでなく、いつもの「みんげい おくむら」的な品も展示販売いたしますので、この機会にぜひ、手に取ってご覧ください。会期中は、中国・台湾茶にも精通している奥村さん監修によるお茶も販売いたします。また、展示に使用する什器は、古物 草木土さんにご協力いただき、会期中、販売も行います。こちらもぜひ、楽しみにして頂きたいと思います。

みんげい おくむら
奥村忍(おくむら しのぶ)日本や世界各地から集めた手しごとを中心とした生活雑貨を商う「みんげい おくむら」店主。今の時代、今の生活に合った「みんげい」を探し、日々提案。千葉県生まれ、千葉県在住。 http://www.mingei-okumura.com